クラウドソーシング

【事実】ランサーズで副業すると年収が60万円アップします【難易度低め】

ランサーズは、未経験者でも副業できる大手クラウドソーシングです。

悩む若者
悩む若者
副業を考えているけどランサーズで年収アップは可能?比較的難易度が高くないのを教えて欲しい。あと、稼ぎ方のコツも知りたいな。

本記事では、上記の疑問を解決します。

ランサーズは、月5万円であれば初心者の方でも3~4ヶ月程度で達成可能です。難易度も高くありません。必要なのは、継続する覚悟だけです。

上記を深堀りします。
ランサーズでの副業で年収アップを考えている方は必見です。

本記事の内容

上記の3本立てです。
僕自身の経験も含めた内容を丁寧にご紹介していきます。

早速、みていきましょう。

本記事の信頼性

本記事の信頼性

本記事を書いている僕は、ライター歴2年です。副業でWebライターをしており、100件以上の案件を受注しています。

【事実】ランサーズで副業すると年収が60万円アップ

【事実】ランサーズで副業すると年収が60万円アップ

年収が60万円アップする秘密がこちら。

上記のとおり。
経験談も含めて詳しく解説します。

①:年収60万円=月収5万円

年収60万円アップは「月5万円」を意味します。

月5万円×12ヶ月=60万円ですね。
副業で年収アップを目標にしている人はこの考えが大切です。

目標を達成するには、目標を具体的に表すことが不可欠なので、「年収をアップさせるには月収をどれくらいアップさせるのか?」を明確にしておきましょう。

ちなみに月5万円といっても、その月の気分によって変えてもOK。忙しい時期は月3万円に設定し、比較的余裕のある時期は月7万円を目標にするなど。

月5万円の収益が必要になったことが明確化したので、次のステップに進みましょう。

②:月5万円を細分化する

ここで1つ質問します。
月5万円を稼ぐために案件を何件こなせば良いのでしょうか?

  • Web制作・Webデザイン:案件1~2件
  • Webライター:案件10~15件
  • 動画編集:案件5~10件

イメージはざっくりとこんな感じです。月5万円といっても細分化すると色々な形で稼ぎ方が存在することがわかります。

僕自身は、Webライターで月10万以上稼いでいますが、目標を立てる際には「1記事3,000円~5,000円の記事を月10本受注する」と定めていました。

これで月3~5万円の収益です。副業で何かをする際に細分化はかなり役立つので、一度、目標を細分化してください。

③:達成するために行動する

細分化できたら後は簡単。
目標を達成するために行動あるのみです。

ランサーズにおいては、「提案を行う」ことが該当しますね。何当たり前のこと言ってんだと思われるかもですが、できない方が本当に多いのが現状です。

「提案して受注できないのが怖い」「自分に案件をこなせなかったらどうしよう」といった不安から登録した後、放置している方は少なくありません。

つまり、細分化した目標を達成するための行動を実践できた地点でスタートラインからは踏み出せています。

後は、提案を20~30件行って、初めの1件を受注しましょう。実績を積み重ねたら月5万円はすぐに到達できます。難易度も高すぎないのでおすすめです。

ランサーズで稼ぐ難易度は?種類別に解説

ランサーズで稼ぐ難易度は?種類別に解説

ランサーズで稼ぐ際の難易度をジャンル別で見たものがこちら。

サクッとみていきましょう。

①:Webライター

ランサーズで稼ぐ主な手段がWebライターである場合は、難易度は高くありません。提案を行って、実績を積むことで信頼もアップするでしょう。

実績を積み重ねると自分の好きなジャンルで案件を受注できるため、精神的な疲れを感じることなく、毎月の副収入を得られます。

月3~5万円であれば、3~4ヶ月で達成可能です。
計画的に順序よくクリアしましょう。

②:動画編集

YouTubeの普及により、動画メディアが現在注目されています。特に、YouTubeは「動画編集が面倒だけど始めてみたい」といった方が多い傾向です。

そのため、動画編集はスキルさえ身に付けていればすぐに案件を受注できるでしょう。

動画編集のスキルが必要となるため、1~2ヶ月の勉強期間が必要となりますが、Webライティングと同等の難易度で達成可能です。

一度、継続案件を受注できれば比較的安定して月5万円を稼げます。

③:Web制作・Webデザイナー

Webデザイナーやエンジニアでも稼ぐことは可能です。しかも、案件1つあたりの単価が高いものまで受注を狙えます。

しかし、Webライターや動画編集者が経験を稼ぐためにランサーズで案件をこなすのは効率が良いですが、エンジニアなどはランサーズだけでは難しいといえるでしょう。

ライバルが少ない分、案件を受注しやすいのは魅力ですので、ランサーズと並行して他のサービスも利用するのがおすすめです。

必要なスキルを身に付けるまで時間を要しますが、一度身に付けてしまえば今後大きく役立つスキルなので、狙い目のジャンルでもあります。

ランサーズで稼ぐコツは?秘訣は3つあり

ランサーズで稼ぐコツは?秘訣は3つあり

目標を細分化した人が効率良く稼ぐためのコツを解説します。

どれも簡単で即実践が可能です。

①:提案数を20~30件

「提案ってどのくらいの数すれば良いの?」

結論は、20件以上です。
理由は簡単で、そのくらい提案しないと案件を受注できないためです。

認定ランサーの僕自身による経験則ですが、受注は15件の提案で1~2件です。

初心者の頃は、15~20件提案して1件受注できました。その後は、ブログをきっかけに継続案件が受注できたといった感じです。

最初にありがちなのが2~3件提案して受注できず、自分は無理だと落ち込む失敗です。

正直、2~3件の提案で受注できる方が珍しいので、まずは提案を多く行って受注できない悔しさと受注できた喜びを両方経験しましょう。

提案文のテンプレートは、次の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
>>【テンプレ有】ランサーズで使える文書のまとめ【プロフィール・提案書】

②:メッセージの返信を素早く

初心者のみに限らず、クラウドソーシングなどを活用してフリーで活動するのであれば、メッセージの返信を最低でも24時間以内に行いましょう。

理想は、受信後1~3時間以内です。

ただし、メッセージを見すぎて仕事の効率が下がるのも本末転倒なので、メッセージを見る時間を決めてクライアントに伝えておくのもおすすめ。

仕事が忙しく返信できない時間帯がある方も問題ありません。

あらかじめプロフィールにて返信できない時間帯を記入しておき、クライアントにも「この時間帯は返信できないのでご了承頂けますと幸いでございます」と伝えておきましょう。

誠実に対応することが信頼を獲得する第1歩です。

③:安すぎる単価の案件を受注しない

残念ですが、クラウドソーシングには初心者をターゲットにした低単価の案件が多く存在しています。通称「地雷案件」「地雷クライアント」と呼ばれるものです。

まずは実績を積みたいといった初心者の方をターゲットにしているため、いきなりメッセージで低単価の依頼をしてきます。

かなり効率が悪いので、絶対に辞めておきましょう。副業で始めたのに、稼げず時間だけを浪費したのでは意味がありません。

Webライターであれば、最低でも1文字0.8円以上、できるのであれば1文字1円以上の案件が相場です。提案も1文字1円以上の案件に提案してくださいね。

また、比較的簡単に稼げるタスク案件もおすすめしません。理由は簡単で労力に対して単価が見合っていないためです。

ランサーズを活用するのであればプロジェクト案件で提案を行いましょう。

「メッセージが来たけどこれって地雷案件?」といった区別をしたい方は、次の記事を参考にしてください。全部が地雷というわけでもないので選別することが大切です。

あわせて読みたい
>>【ランサーズ】地雷クライアントの見分け方を解説【避けても問題なし】

まとめ:目標を定めて積み重ねるのが稼ぐ最短距離

まとめ:目標を定めて積み重ねるのが稼ぐ最短距離

この記事では、ランサーズで年収をアップさせるための方法と効率的に稼ぐためのコツ、ジャンル別の難易度について解説しました。

ランサーズで年収60万円アップさせるには月5万円を稼ぎましょう。難しいように感じますが、目標を細分化して考えるとハードモードではありません。20件以上提案を行い、地雷案件を避けて効率良く稼いでください。

上記が最終結論です。

ランサーズは、何もせずに稼げるものではありませんが、稼ぐコツさえ掴んでしまえば月5~10万円は比較的気楽に稼げます。

自分のペースで案件を受注できるため、精神的に疲れないのもメリットです。自分の好きな分野をライティングや動画編集などのスキルと組み合わせて副業に活かしてください。

今回は、以上です。

ABOUT ME
高橋 航
高橋 航
大手電力グループ会社就職→2019年1月退職→ブログ運営開始→現在、Webライターとしても活動中。副業の始め方・稼ぎ方・楽しみ方の情報を月5万円を目標に発信します。