クラウドソーシング

【初心者向け】ランサーズは難しい?稼げない理由とポイントを解説

ランサーズは、継続して案件を受注できれば安定して稼げますが、最初の頃は自身で提案をしなければいけないため、難易度は少し高めです。

悩む若者
悩む若者
ランサーズって稼ぐまで難しい?提案はしてるんだけど全く稼げません。効率良く稼ぐためのポイントを教えて欲しいな。

本記事では、上記の疑問を解決します。

結論からお話しすると、ランサーズで稼げないのには理由があります。提案が少ない、設定が不十分など。ポイントを抑えて行動できれば、3ヶ月で月3万円は余裕で射程範囲内です。

上記を深堀りします。
ランサーズで稼ぎたい方やこれから提案を始める方は必見です。

本記事の内容

上記の3本立てです。
ランサーズで効率よく副業するための情報を丁寧にご紹介します。

早速、みていきましょう。

本記事の信頼性

本記事の信頼性

本記事を書いている僕は、ライター歴2年です。副業でWebライターをしており、100件以上の案件を受注しています。

ランサーズは難しい?仕事の種類で変わる

ランサーズは難しい?

結論からお話しすると、Webライターや動画編集であれば難易度は高くありません。ただし、デザイナーやエンジニアはちょっと高めです。

上記3パターンをみていきましょう。

①:Webライター

ランサーズで稼ぐ主な手段がWebライターである場合は、難易度は高くありません。提案を行って、実績を積むことで信頼もアップするためです。

ポイントとしては、プロジェクト案件の提案を積極的に行うこと。本記事でご紹介するポイントをおさえて自分に必要な行動をしてください。

月3~5万円であれば、3~4ヶ月で達成可能です。

②:動画編集者

今の時代は、YouTubeなどの動画メディアが発展しているので、動画編集者の需要がかなり高まっています。

そのため、動画編集のスキルさえあれば案件は見つかりやすいのでWebライターよりも少し難易度は高めですが、ランサーズで稼ぐには難しくありません。

スキルを身に付けている人は、提案をして案件をこなしていきましょう。

③:Webデザイナー・エンジニア

Webデザイナーやエンジニアでも稼ぐことは可能です。

しかし、Webライターや動画編集者が経験を稼ぐためにランサーズで案件をこなすのは効率が良いですが、エンジニアなどはランサーズだけでは難しいといえるでしょう。

ライバルが少ない分、案件を受注しやすいのは魅力ですので、ランサーズと並行して他のサービスも利用するのがおすすめです。

ランサーズで稼げない5つの理由

ランサーズで稼げない5つの理由

実際に利用している人で稼げていない人は次の5つが原因です。

当てはまる項目をサクッと確認してください。

①:提案が少ない

「提案を3回したのに案件が受注できない」

少なすぎます。
最初の時は20件近く案件に提案しましょう。

経験則にはなりますが、10~15件提案したら1件くらい受注できるといった印象です。

最初の実績作りが1番難しいので、ここを何とか乗り越えましょう。
提案の仕方については、次の記事を参考にしてください。

②:プロフィール設定が不十分

  • 顔写真が未設定
  • プロフィール文の記入が不十分
  • その他機密設定が未完了

こういった場合は、すぐに設定を終わらせておきましょう。最低限の設定をしておくことで、企業側から信頼されやすくなります。

プロフィールの細かな設定は、必ず行ってください。

あわせて読みたい
>>【推定10分】ランサーズの各種の認証方法を解説【プロフィール文あり】

③:プライドが高い

「自分の技量に見合ってない。安すぎる。」

こういった高すぎるプライドはNGです。確かに安すぎる案件は断るべきですが、最初から高単価の案件は受注できません。

まずは、実績と積むことが最優先事項となるので、ランサーズで稼ぐまでの過程によるプライドは無駄なので捨てておきましょう。

技量と同等以上に信頼が大切な世界なので、まずはクライアントから信用されるための努力をしてください。

④:実績と経験が少ない

提案数が少なく案件を受注できていない人は、実績と経験が少なくなります。

ランサーズには、専門とするWebライターが多くいるため、やはり実績と経験が少ないライターは不利です。

負のスパイラルにより、初心者がランサーズで稼ぐのはかなり困難に思えますが、最初は誰もが初心者です。

稼げるようになるためのポイントも解説するので、諦めずに継続してください。

⑤:クライアントの要望以上に答えていない

クライアントの要望以上に答えるのは、難しいようで実は簡単です。

  • 納期に余裕を持って納品する
  • 依頼+αをこなす

この2つをするだけでOK。信じられないことですが、納期を守れない方もいるので、納期を守れるだけでプラスになるとのこと。

更に余裕を持って、「この方は仕事が早くでクオリティが高い」といった印象をつけましょう。第一印象が超重要です。

ランサーズで効率的に稼ぐ3つのポイント

ランサーズで効率的に稼ぐ3つのポイント

ランサーズで効率的に稼ぐポイントは、全部で3つあります。

どれも簡単なので、誰でも即実践可能です。

①:提案数を20件以上

「提案ってどのくらいの数すれば良いの?」

結論は、20件以上です。
認定ランサーの僕自身による経験則ですが、受注は10件の提案で1~2件です。

初心者の頃は、15~20件提案して1件受注できました。その後は、ブログをきっかけに継続案件が受注できたといった感じです。

3~5件の提案数で案件の受注は多くできないので、まずは20件以上の提案を実際に行いましょう。提案文のテンプレートは、次の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
>>【テンプレ有】ランサーズで使える文書のまとめ【プロフィール・提案書】

②:メッセージの返信を素早く

初心者の頃は、メッセージを24時間以内に返信するようにしましょう。できれば1~3時間以内に返信できれば理想的です。

メッセージを素早く行うことで企業側からの印象も良くなりますし、案件のやり取りもスムーズに進みます。

もし、返信できない時間帯があっても問題ありません。

あらかじめプロフィールに記載し、案件を受注する前のメッセージで「この時間帯は○○により返信が難しくなります。」といった一文を入れておきましょう。

③:タスク案件や安すぎる単価の案件は受注しない

受注が簡単だからといってタスク案件や安すぎる単価の案件を受注するのはNGです。

かなり効率が悪いので、絶対に辞めておきましょう。特に安すぎる単価の案件は、地雷クライアントの可能性があります。

Webライターであれば、最低でも1文字0.8円以上の案件を受注しましょう。できるのであれば1文字1円以上の案件がおすすめです。

まとめ:提案→案件受注→継続案件の獲得が大切

まとめ:提案→案件受注→継続案件の獲得が大切

本記事では、ランサーズの難しさを解説するとともに、稼げない理由や稼ぐためのポイントについて解説しました。

どの案件を獲得するにしても始めは、提案と案件受注を繰り返して実績を積むことが大切です。実績を積むと継続案件の依頼もあります。継続案件を獲得すると毎月、決まった数の受注が可能なので非常に大切です。

上記のとおりです。
何を始めるにしてもまずは提案が大切です。

提案して通らなかったとしても失敗ではありません。むしろ、失敗の経験が得られるので総合的には十分にプラスです。

当たって砕けろの精神でガンガン提案していきましょう。砕けなかったら尚良しです。

今回は、以上です。

ABOUT ME
高橋 航
高橋 航
大手電力グループ会社就職→2019年1月退職→ブログ運営開始→現在、Webライターとしても活動中。副業の始め方・稼ぎ方・楽しみ方の情報を月5万円を目標に発信します。