電力会社で節約

東北電力の電気料金はいくら?料金プランとメリット・契約について

東北電力は、東北エリアを中心に電力を供給している企業です。

悩む人
悩む人
東北電力の電気料金はどのくらい?料金プランやメリット、特徴について教えて欲しい。あと、契約の手続きについても知りたいな。

本記事では、上記の疑問を解決します。

本記事の内容

上記の6本立てです。
東北エリアにお住いの方で、電気料金を見直したい方は必見です。

早速、みていきましょう。

本記事の信頼性

本記事の信頼性

本記事を書いている僕は、大手電力会社グループに勤務経験があり、Webライターとしても電気に関する案件を80件以上受注しています。

東北電力の動画

テレビCMやYouTubeといったメディア活動も積極的に行っています。

東北電力の電気料金はいくら?料金プランは10種類

東北電力の電気料金はいくら?料金プランは10種類

新規加入できる東北電力の料金プランは、主に10種類あります。

それぞれのプランにおける電気料金を確認しましょう。

従量電灯B

人数 1人暮らし 2人暮らし 3~4人暮らし
毎月の電気代 平均5,400円 平均7,200円 平均10,600円

※1人暮らしの電気使用量を280kWh、2人暮らしの電気使用量を350kWh、3~4人暮らしの電気使用量を500kWhとして計算しております。

従量電灯Bプランは、一般的なご家庭で電気を使用している方が利用していることの多い24時間同一の電気料金プランです。

日中、在宅していることが多いご家庭や、家事などをまとまった時間ではなく分散しているといった一度にまとまった電気を使用していないご家庭で電気使用量が少なめ~普通のご家庭におすすめします。

従量電灯C

人数 1人暮らし 2人暮らし 3~4人暮らし
毎月の電気代 平均6,400円 平均7,800円 平均10,900円

※1人暮らしの電気使用量を280kWh、2人暮らしの電気使用量を350kWh、3~4人暮らしの電気使用量を500kWhとして計算しております。

従量電灯Cプランは、電気をたくさん使用することの多い店舗や事務所、飲食店で多く利用されている24時間同一料金設定の電気料金プランです。

電気製品の多い事業者や電気使用量が多いご家庭、業務用大型冷蔵庫などを使用している店舗は、従量電灯Cプランでお得に電気を利用できます。

よりそう+ナイト12

人数 1人暮らし 2人暮らし 3~4人暮らし
毎月の電気代 平均5,300円 平均6,400円 平均9,300円

※1人暮らしの電気使用量を280kWh、2人暮らしの電気使用量を350kWh、3~4人暮らしの電気使用量を500kWhとして計算しております。

よりそう+ナイト12は、朝にゆっくりした時間、夜に趣味の時間を使いたいといった方におすすめの料金プランです。

夜の21時から翌朝9時までオトクな電気料金で使用できます。

その分、日中の電気料金は段階制の上限が低く割高になりやすいため、日中は仕事の方で朝と夜に在宅時間が集中している方におすすめします。

よりそう+ファミリーバリュー

人数 1人暮らし 2人暮らし 3~4人暮らし
毎月の電気代

※1人暮らしの電気使用量を280kWh、2人暮らしの電気使用量を350kWh、3~4人暮らしの電気使用量を500kWhとして計算しております。

よりそう+ファミリーバリューは、子育てしているご家族やニ世代・三世代で在住している方といった大人数のご家庭向けの電気料金プランです。

既設や時間に限らず、日中もたくさん電気を使用するご家庭に対しておすすめします。

よりそう+ナイトS

人数 1人暮らし 2人暮らし 3~4人暮らし
毎月の電気代 平均7,300円 平均7,700円 平均9,400円

※1人暮らしの電気使用量を280kWh、2人暮らしの電気使用量を350kWh、3~4人暮らしの電気使用量を500kWhとして計算しております。

よりそう+ナイトSプランは、22時から翌朝8時まで割安な電気料金プランです。日中は、毎月200kWhまで電力量料金がかからず、定額で使用できます。

オール電化住宅にお住いの方で、少人数かつ電気をあまり使用しないといったご家庭におすすめします。

よりそう+シーズン&タイム

人数 1人暮らし 2人暮らし 3~4人暮らし
毎月の電気代 平均6,300円 平均7,400円 平均10,100円

※1人暮らしの電気使用量を280kWh、2人暮らしの電気使用量を350kWh、3~4人暮らしの電気使用量を500kWhとして計算しております。

よりそう+シーズン&タイムは、ヒートポンプ機器を使用するオール電化住宅にお住いの方向けの電気料金プランです。

それぞれの電気少量のピーク時間に電気の使用を控えることで電気料金がオトクになります。

よりそう+ナイト10

人数 1人暮らし 2人暮らし 3~4人暮らし
毎月の電気代 平均5,300円 平均6,400円 平均9,500円

※1人暮らしの電気使用量を280kWh、2人暮らしの電気使用量を350kWh、3~4人暮らしの電気使用量を500kWhとして計算しております。

よりそう+ナイト10は、22時から翌朝8時まで割安な料金で使用できる電気料金プランです。安い深夜料金を利用して給油したり蓄熱したりするオール電化住宅のご家庭におすすめします。

よりそう+サマーセーブ

人数 1人暮らし 2人暮らし 3~4人暮らし
毎月の電気代 平均5,200円 平均6,300円 平均9,500円

※1人暮らしの電気使用量を280kWh、2人暮らしの電気使用量を350kWh、3~4人暮らしの電気使用量を500kWhとして計算しております。

よりそう+サマーセーブは、夏季(7月~9月)の13時から16時に利用する電気は割高ですが、夜間の23時から翌朝7時までの電気がオトクに利用できる電気料金プランです。

日中は不在で電気を使用しない方や、夜間時間にエアコンや扇風機といった空調家電を多く使用するご家庭におすすめします。

よりそう+ナイト&ホリデー

人数 1人暮らし 2人暮らし 3~4人暮らし
毎月の電気代 平均4,900円 平均6,300円 平均9,800円

※1人暮らしの電気使用量を280kWh、2人暮らしの電気使用量を350kWh、3~4人暮らしの電気使用量を500kWhとして計算しております。

よりそう+ナイト&ホリデーは、平日22時からよく朝8時までと休日はオトクに電気が使用できる電気料金プランです。

週末にまとめて家事をする方や、自宅で趣味の時間を持ちたい方におすすめします。

よりそう+ナイト8

人数 1人暮らし 2人暮らし 3~4人暮らし
毎月の電気代 平均5,300円 平均6,500円 平均9,700円

※1人暮らしの電気使用量を280kWh、2人暮らしの電気使用量を350kWh、3~4人暮らしの電気使用量を500kWhとして計算しております。

よりそう+ナイト8は、23時から翌朝7時まで大変割安な料金で使用できる電気料金プランです。安い深夜料金で給湯したり蓄熱したりするオール電化住宅のご家庭は、オトクに利用できるため、おすすめします。

東北以外の供給エリアは?関東エリアに供給

東北以外の供給エリアは?関東エリアに供給

東北電力は、東北以外にも関東エリアにお住いの方であれば、申込みが可能です。具体的な都道府県としては、次のとおり。

栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東)

関東エリアにお住まいの方向けの料金プランがこちら。

  • よりそう でんき(東京電力の従量電灯Bプラン相当)

東北電力のメリットは?ポイントがたまる

東北電力のメリットは?ポイントがたまる

東北電力のメリットは、会員サイトである「よりそうeねっと」に登録すると、よりそうeポイントがたまるといった点です。

貯まったポイントは、東北のご当地商品やコンビニなどで使用可能なポイントへ交換できます。

ポイントは、登録時や紙の検針票を廃止したり、支払い方法をクレジットカード払いにしたりすることでためることが可能です。

【3手順】東北電力に切り替える際の契約手続き

【3手順】東北電力に切り替える際の契約手続き

東北電力に切り替える際の契約手続きは、3手順あります。

それぞれの手順を確認しましょう。

①:申込みの手続きを行う

電力会社を切り替える際は、東北電力のホームページもしくは電話にて行いましょう。

②:スマートメーターを設置

電気を利用する際、家庭には電力メーターを取り付けます。現在、東北電力ではスマートメーターと呼ばれるものを設置しているため、設置が必要です。

また、これに関しては、東北電力への切替えに限らず、電力会社を切り替える際にはスマートメーターの設置が必要となります。

スマートメーターの設置は、原則無料で5分~40分で完了します。設置への立ち合いに関しても原則は不要です。

③:東北電力の利用開始

スマートメーターの取替工事が完了すると、東北電力の電気が利用可能です。

東北電力に関してよくある質問

東北電力に関してよくある質問

東北電力の契約や解約に関してよくある質問をまとめました。

サクッとみていきましょう。

①:マンションやアパートで契約可能?

電力会社と直接契約しているのであれば、賃貸やマンション、アパートに関係なく切り替えが可能です。ただし、建物全体が電力会社と一括で契約している場合に限って、個別に切替えできません。

②:オール電化住宅の場合でもオトクになる?

東北エリアにお住いの方であれば、オール電化向けの「よりそうプラスシーズン&タイム」、夜間の電気料金が安い「よりそう+ナイト12」「よりそうナイト&ホリデー」「よりそう+ナイト8」などの料金プランがあります。

「よりそう+〇〇」といったプランであれば、基本的にオール電化住宅にお住いの方でもオトクに使用可能です。

③:支払い方法、請求書は?

支払い方法は何が可能ですか?

口座振替・クレジットカード・振込用紙でお支払いできます。

請求書は確認できますか?

東北電力の会員サイトである「よりそうeねっと」からWeb上で確認できます。

④:解約手数料、違約金は?

解約手数料はありますか?

解約手数料は、ありません。

違約金はありますか?

解約の違約金は、かかりません。

⑤:解約手続きはどうしたらよい?

現在のお住まいで切り替える場合

新しく利用する電力会社にて解約手続きが行われるため、自分自身で解約手続きを行う必要はありません。

引っ越しにより電力会社との契約を終了する場合

自分自身で現在の電力会社へ連絡した後、解約の手続きを行う必要があります。

東北電力の企業情報

東北電力の企業情報

引用:東北電力 公式ホームページ

企業名 東北電力
本社所在地 〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目7番1号
代表者名 取締役社長 原田 宏哉
URL http://www.tohoku-epco.co.jp/
ABOUT ME
高橋 航
高橋 航
大手電力グループ会社就職→2019年1月退職→ブログ運営開始→現在、Webライターとしても活動中。副業の始め方・稼ぎ方・楽しみ方の情報を月5万円を目標に発信します。